注目の自動車ニュース

【ボルボ V60クロスカントリー 新型】まとめ…一味違う実力派クロスオーバー、価格や試乗記

  • 撮影 中村孝仁
  • 撮影 中村孝仁
  • 撮影 中村孝仁
  • 撮影 中村孝仁

ボルボの主力車種『V60』をベースに開発された新型SUV『V60クロスカントリー』。最低地上高210mmを確保しながら全高を1505mmに抑えた。4月にフルモデルチェンジされたばかりだが、6月に安全装備関連の一部仕様変更を受けた。ベースグレードの「T5 AWD」(549万円~)と「T5 AWD PRO」(649万円~)が設定されている。両グレード共に、JC08モード燃費(国土交通省審査値)で11.6km/リットルである。

目次【ボルボ V60クロスカントリー 新型】オフロード性能向上 549万円より【ボルボ V60クロスカントリー 新型】木村社長「どこにいっても安心して乗って頂ける」ボルボ V60クロスカントリー、360°ビューカメラの標準装備化や安全支援機能強化など【ボルボ V60クロスカントリー 新型試乗】サイズの割に使いやすい、“買い得”ボルボ…渡辺陽一郎【ボルボ V60クロスカントリー 新型試乗】クルマを見れば、人気の理由がわかる…中村孝仁【ボルボ V60クロスカントリー 新型試乗】“なんちゃってSUV”とはひと味ちがう…丸山誠

【ボルボ V60クロスカントリー 新型】オフロード性能向上 549万円より

ボルボ・カー・ジャパンは、クロスオーバーモデル『V60クロスカントリー』を全面改良し、4月17日より販売を開始した。

新型V60クロスカントリーは、V60シリーズのガソリンモデル(プラグインハイブリッドモデル除く)として初のAWD車。最低地上高210mmを確保しながら全高を1505mmに抑えたほか、滑りやすい急斜面でも最小限の運転操作で安全に降りられる「ヒル・ディセント・コントロール」を標準装備する。

[続きを読む]

【ボルボ V60クロスカントリー 新型】オフロード性能向上 549万円より 画像

ボルボ V60クロスカントリー

【ボルボ V60クロスカントリー 新型】木村社長「どこにいっても安心して乗って頂ける」

ボルボ・カー・ジャパンは4月17日、全面改良した『V60クロスカントリー』を発売した。ミッドサイズステーションワゴンV60シリーズのクロスオーバーモデルで、価格は549万~649万円となっている。

ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長は同日、都内で開いた発表会で「クロスカントリーというジャンル、バリエーションはボルボとしては1997年以来、22年間にわたって継続的に開発しており、一番、スウェーデンらしいボディタイプないかと思っている。V60クロスカントリーは、先代モデルの途中から設定されたが、これが最新のSPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)プラットフォームに置き換わったのが今回の新型になる」と説明。

[続きを読む]

【ボルボ V60クロスカントリー 新型】木村社長「どこにいっても安心して乗って頂ける」 画像

ボルボ V60クロスカントリー、360°ビューカメラの標準装備化や安全支援機能強化など

ボルボ・カー・ジャパンは、ミッドサイズクロスオーバー『V60クロスカントリー』の一部仕様と価格を変更して、6月11日より販売を開始した。

今回の仕様変更では、これまで上級グレード「T5 AWDプロ」のみだった「360°ビューカメラ」をベースグレード「T5 AWD」を含めて全車標準装備した。360°ビューカメラは、車両周囲に装備する4個のカメラを使用して真上から見下ろしている映像を作成し、センターディスプレイに表示。自車と周囲との位置関係をひと目で確認でき、障害物の有無などの周辺状況を把握しやすくなる。また、リバースギアにシフトすることで、センターディスプレイに360°ビューの映像を表示できるほか、ステアリングホイールの操作に応じて自車の予想進路をガイドラインで案内するリアビューカメラの映像を表示することもできる。

[続きを読む]

ボルボ V60クロスカントリー、360°ビューカメラの標準装備化や安全支援機能強化など 関連記事

【ボルボ XC90ディーゼル 新型試乗】ボルボのディーゼルは“奥さんキラー”だ!…河西啓介【ボルボ XC90ディーゼル 新型試乗】理想の「最上級実用車」になった…島崎七生人BMWの最高級クロスオーバーEV、車名は「iNEXT」か「i5」か…インテリアを激写

【ボルボ V60クロスカントリー 新型試乗】サイズの割に使いやすい、“買い得”ボルボ…渡辺陽一郎

「V60」ベースのSUV

最近はSUVの人気が高い。この合理的な開発手法は、既存のワゴンをベースに造ることだ。SUVのボディは、上側がワゴンに準じた形状だから、ワゴンの最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)を高めたり、外装をアレンジすればSUVに仕上げられる。

[続きを読む]

【ボルボ V60クロスカントリー 新型試乗】サイズの割に使いやすい、“買い得”ボルボ…渡辺陽一郎 画像

ボルボ V60クロスカントリー T5 Pro

【ボルボ V60クロスカントリー 新型試乗】クルマを見れば、人気の理由がわかる…中村孝仁

ワゴンベースSUVの元祖

SUVというジャンルが台頭してきたのは1990年代。特にモノコックボディを持ったクロスオーバーSUVが出現した90年代後半からは、爆発的人気を博し始めた。

こうした中、ボルボをはじめとして当時本格派SUVをラインナップに持たなかったメーカーは、既存のクルマの車高を上げ、外観をワイルドに仕立てたクロスカントリーモデルを投入してその潮流に乗ろうとした。

[続きを読む]

【ボルボ V60クロスカントリー 新型試乗】クルマを見れば、人気の理由がわかる…中村孝仁 画像

【ボルボ V60クロスカントリー 新型試乗】“なんちゃってSUV”とはひと味ちがう…丸山誠

絶妙なサイズと価格設定

今年4月にフルモデルチェンジされたばかりのボルボ『V60クロスカントリー』だが、6月に一部仕様が変更された。

その変更内容は安全装備関係のみ。360度ビューカメラをベースグレード「T5 AWD」にも標準化し、運転支援機能のBLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)にステアリング・アシスト機能を追加。パイロット・アシスト(車線維持支援機能)はステアリングのバイブレーションで一時解除を知らせる新機能追加の3点。

[続きを読む]

【ボルボ V60クロスカントリー 新型試乗】“なんちゃってSUV”とはひと味ちがう…丸山誠 画像